ほげほげにっき

≫ロマンス小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【秘めやかな約束】ローリ・フォスター

秘めやかな約束 (ヴィレッジブックス)秘めやかな約束 (ヴィレッジブックス)
(2004/04)
ローリ フォスター

商品詳細を見る


【あらすじ】
25歳のうぶな女性グレイスは、自分の雇い主である老婦人のハンサムな孫ノアに3年前からひそかに思いを寄せていた。ノアはもうじき、彼にふさわしい美女と結婚することになっていた。ところが、ある日、意外なことが起きた。突然、ノアが婚約を一方的に破棄したのだ。周囲から激しく非難される彼をグレイスはただひとり懸命にかばう。が、グレイスの思いを知ったノアが彼女に提案したのは、とても危険で官能的な契約だった……。

【感想】
性格も良くて仕事もできて、本当に申し分ないヒロインなんだけど、唯一の欠点はその外見。
標準サイズよりもずいぶんと太っている・・・美男美女が定番のロマンス小説にはありえないヒロインです。
"巨乳で三段バラ"ではあるけれど、はっきりとサイズが明かされてはいないところがミソかなぁ。
周囲の人が「太っていない」って幾等言っても認めない人はいるわけで、どのくらいヒロインが太っているのかっていうのは読み手にお任せしましょうってことなのかもしれません。
最初は酔った勢いで・・・だったヒーローですが、ヒロインの人柄に知るにつけて、どんどん惹かれていって、最後のあたりは独占欲まるだしなのがなかなかかわいかったです。
ストーリーも、ヒーローとヒロインの関係が深くなるにつれて、周囲も良い方向に変化して、最後は大団円になるっていうのはやっぱり読んでて気持ちがいい。

それにしても、さすがローリ・フォスター・・・
ホットな描写が半端ないです。まぁ恋してる二人の会話&行為だから、このくらいは別に驚くこともないかもしれませんが、思いのほか直接的な言い回しが多いので、結構クラクラしました(^^;)
スポンサーサイト

心うちくだかれて

心うち砕かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)心うち砕かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2001/12/17)
ジュリー・ガーウッド

商品詳細を見る


【あらすじ】
「俺を祝福しろ、俺はこれから罪を犯す」酷暑の懺悔室、トム神父を凍りつかせた不気味な告白。なんとそれは妹ローランの殺害予告だった!親友トムの元へ飛んだFBI捜査官ニックを嘲笑うかのように、過去の連続殺人をほのめかす姿なき、ストーカー。美しく聡明なローラン。なぜ彼女は選ばれたのか?ニックはローランの恋人を演じ潜入捜査に乗り出すが、恐るべき死の罠は着々とカウントダウンを始めていた・・・・驚愕のラストまでノンストップで展開する超一級ラブサスペンス!

【感想】
二見文庫・・・のせいか、ロマンスよりもサスペンス要素が強いかなー?
面白ければホットなシーンはそれほどなくてもいーけど、かといって全然ないのも寂しいワタクシにとってはちょうどいいくらいのバランスなので、問題ないですが(^^;)
もちろんストーリーも面白くて、一見なんてことのないエピソードが実は事件解決への伏線だったり、個性の強い脇役キャラとテンポのいい会話に引き込まれていきます。
ストーカーをおびき出すために、恋人のふりをすることになったローランとニック・・・惹かれてはいけないと思いつつ、気持ちが抑えられない二人の恋の行方にも目がはなせません。ラストもドラマチックでいいです。
個人的にはニックの友人でありFBI捜査官のノア・クレイボーンがお気に入りvv
スピンオフ作品がたくさんあるので、チェックしつつ読み進めていきたいと思います。

【7年目の誘惑】チェリー・アデア

七年目の誘惑 (ハーレクイン文庫)七年目の誘惑 (ハーレクイン文庫)
(2008/12/01)
チェリー アデア

商品詳細を見る


【あらすじ】
冬の夜、安食堂には場違いな客が、ジェシーに声をかけてきた。「結婚してくれ。書類上の妻がほしいだけなんだ。それも今すぐに」男は、貧しいウエイトレスにとって輝くナイトに見えた。だが正式な書類が整うと、彼は花嫁に目もくれず立ち去った。7年後―美しく変貌を遂げたジェシーはあるパーティ会場にいた。あれ以来会うこともなかった夫は、今も自信と魅力に溢れている。結婚によって、彼は会社の実権を手に入れたという。今度は私が、ただ一つの望みをかなえてもらう番だ。どうしても子供がほしい。そのために、夫を誘惑しなければ。

【感想】
子供が欲しいヒロインはなんとか排卵日にベッドインできるように計算して誘惑していたはずが、そういうときに限ってヒーローが海外に出張してしまったりとなかなかタイミングが合わずにやきもき。一方ヒーローはそんな思惑を知らないので、ヒロインの思わせぶりな態度に振り回されていることを自覚しているものの、それでも彼女を自分のものにしたい気持ちから、ヒロインに1年限りの愛人契約を持ち出します。
お互いに、相手を愛することはないだろうと思っていたはずが、いつの間にか・・・というまぁありがちなパターンといえばパターンなのですが、テンポのいい会話やエピソードが物語を面白くしています。そんでもって、ラスト付近のヒロインが妊娠してしまったことをヒーローに告白するあたりから、ぐぐぐーっともりあがってきます。
ワタクシ的には女性不信だったヒーローの心をとかすヒロインのやさしさにホロリ・・・。

【初恋が実るとき】チェリー・アデア

初恋が実るとき (ハーレクイン・テンプテーション)初恋が実るとき (ハーレクイン・テンプテーション)
(2002/06)
チェリー アデア

商品詳細を見る

【あらすじ】
キャサリンは幼いときから義兄ルークに憧れていた。十七歳のときに一度彼に迫ってみたものの、結果は惨敗。あれから九年がたち、美しく成長した彼女だったが、身を捧げる相手は、やはりルークしか考えられない。そこで思いきって家を売り、彼のもとへ転がりこんだ。同居すれば、この思いに気づいてくれるのではないかと期待して…。一方、彼女の同居を認めたルークは途方に暮れていた。妹と思いたいのに、キャサリンが大人の女の魅力で刺激し、惑わせる。おまけに、男性のことを何も知らないので、プレイボーイのルークに誘惑のテクニックを教えてほしいと言いだしたのだ。そんなことになれば、九年前に爆発しそうになった欲望がまた目覚めてしまう。いや違う、すでに爆発寸前ではないか。

【感想】
義理の兄妹の恋愛話っていうのはジャンルに限らずありがち設定で、その場合、だいたいシリアスかコメディかのどちらかなんだけど、こちらは完全にコメディ。
特に、ヒーローのルークがヒロイン・キャサリンの誘惑を発端にあれこれと妄想したり、嫉妬したり、一方でなけなしの自制心を発揮する時に使われる文章表現が面白いです。
たとえば、誘惑されてにっちもさっちも行かなくなってるときは「地震でも火事でもいい。なにか天災が来てくれー」と心の中で叫んだり、胸が苦しいときは「太ったゾウが胸の上に乗っているカンジ」とか・・・
"太った象"っていうのはアメリカではよくある表現なんだろうか??
翻訳の人とか「なにこれ??」とか驚いたりしないのかなーとか思ったり。

ヒロインの行動力に翻弄されるヒーロー・・・某掲示板でオススメされていたので読んでみましたが、ワタクシ的にはヒットでした。

【きっと甘いくちづけ】エリン・マッカーシー

きっと甘いくちづけ(ライムブックス)きっと甘いくちづけ(ライムブックス)
(2009/07/10)
エリン・マッカーシー

商品詳細を見る


【あらすじ】
インターネットで知り合った男性と実際に会うことにしたローレル。ひきこもりがちな彼女には勇気のいる行動だったが、待ち合わせ場所にやってきた彼、刑事のラスは写真以上にセクシーで、ためらいも吹き飛ぶ。しかし舞い上がったのも束の間、「きみは俺の名を騙る詐欺師とメールのやりとりをしていたんだ」と告げられる。クリーヴランドでは、警察官の名前を利用して女性をだます詐欺が横行していた。ラス刑事が詐欺師と女性の接触する現場を張り込んでいたところに、ローレルが現れたのだ。純真で愛らしいローレルに一目でまいってしまったラスは彼女のことが心配でならないが、それを半人前扱いにされていると感じたローレルは、おとり捜査に協力すると言い出した。すると事件は新たな展開を見せ…。

【感想】
ローリ・フォスターが絶賛・・・といううたい文句に引かれ手にとって見たのですが、期待通りでした!
ヒロインは純真でかわいいし、ヒーローは会った早々ヒロインにメロメロだし。
双方ともにあれこれと問題を抱えていますが、どんな状況でも好きな人がいれば乗り越えられるし、打開するきっかけにもなるんだなぁ~などとしみじみ。
個人的には二人の友達のジュリーとキャサリンがお気に入りかなー。好みも思考も正反対な二人がなぜか恋人になってしまうというのはとても好きな展開だから★
それからヒロインのペットの猫のフィリスも最高です。重すぎて両手で抱えないと持ち上がらない上に、脂肪で指が隠れるってどんなデブ猫だよ!!
最初は縄張りを荒らしにきたと思いヒーローを目の敵にしてさりげな~く嫌がらせをしたりするのですが、だんだん友情(?)というか協定(?)を結んでとりあえずは友好な関係になっちゃうのがなんとも言えませんでした。うーん、かわいいやつ。やっぱり猫はいい。
明るいラブコメな雰囲気で、それでもラストはほろりとさせられたりする、ワタクシにとってはなかなかのヒット作でした!

 | HOME |  »

プロフィール

凪

Author:凪
ハーレクイン・ロマンス小説とコミカライズされたものにはまりまくっています。


カテゴリ

このブログについて (1)
ロマンス小説 (7)
アン・スチュアート (0)
スーザン・ブロックマン (1)
ジュリー・ガーウッド (2)
チェリー・アデア (2)
リサ・クレイパス (0)
ローリ・フォスター (1)
ハーレクイン・ロマンスコミック (0)
尾方淋 (0)
ハーモニィ(雑誌) (1)
その他の小説 (1)
にっき (21)
モラタメ (17)
イラスト交換 (0)
映画(試写会) (1)
未分類 (88)

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


アフェリエイト



リンク

このブログをリンクに追加する

counter

since 20070214〜


BlogPet


FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!


FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


BLUR☆STAR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。